A+
Beta
  • 「ユールマラ」の海岸
「ユールマラ」の海岸

トゥライダ博物館保護区

トゥライダ博物館保護区は42ヘクタールの広さがあり、考古学的、建築学的、歴史的、また芸術的に素晴らしい遺跡です。また9世紀以降、様々なイベントの 場となっています。トゥライダ博物館保護区でのイベントは、ビジターを重視した活動もおこなっていますが、多角的で、その展示会や活動は文化的環境の保 護、保全、景観を整えることに連動しています。

  • トゥライダ城
  • Photo: Gunars Dukšte
  • Turaida Museum Reserve
  • Turaida Museum Reserve
  • Photo: Jānis Zubovs
  • Dainas Hill part of the Museum Reserve
  • The tower of Turaida Castle

トゥライダ博物館保護区はリガから50キロのところにあり、美しい環境とその歴史で知られています。「トゥライダ」という名前は、古代住民リボニア人の言 葉で「神の庭」を意味します。博物館は、1996年、ヨーロッパ・ミュージーアム・オブ・ザ・イヤーの一つに選ばれました。秋の夕方、熱気球やガウヤ渓谷 の反対側から眺めると、トゥライダ城が赤レンガで造られた堂々とした船のように、緑の群葉にそそり立つのがご覧いただけます。城壁にそって散策すると、中 世の城について親しみを感じられるでしょう。

博物館にはラトビアの民謡に打ち込んだ、最も優れた民謡収集家バロンズの栄誉をたたえて作られた「ダイナスの丘(彫刻の庭)」があります。トゥライ ダ教会はラトビアで最も古い木造建築の教会のひとつで、1750年に建てられました。考古学調査では少なくとも2つの教会が含まれていると論証されていま す。

保護区には200メートルから1キロほどの、いくつかの自然遊歩道があります。遊歩道では、珍しい植物や小さな小川を見つけたり、砂岩の露出、城の要塞や塔を調べてみたりと、新しい、いつもと違うアングルからお楽しみいただけるでしょう。

 
57.183250, 24.849485
Working Hours: 

Open every day throughout the week.
Winter season (1 November to 1 May), 10 a.m. to 5 p.m.
Summer season (1 May to 1 November), 10 a.m. to 6 p.m.

Testimonials: 
Ņina Orlova
12.03.2010
Very interesting!
Jānis
01.03.2010
I loved watching birds
Last updated: 13.06.2014