A+
Beta

リガ中央市場

フレッシュな塩漬けきゅうりや地方のポークチョップを味わってみませんか?新鮮な野菜を試してみませんか?昨晩燻製されたウナギを試してみては?リガ中央市場に行けば何でも手に入り、ここほど美味しい魅惑的な場所はありません。

  • ラトビア科学アカデミーと中央市場
  • Photo: John McConnico
  • リガ中央市場で買い物をする人
  • 燻製された魚
  • Photo: John McConnico

このユニークな市場はリガのほぼ中心部にあり、旧市街から数十歩、バスステーションと中央駅の隣、ダウガヴァ川の川岸にあります。またスターリン・クラ シック様式の21階建て科学アカデミーの側です。この市場は東ヨーロッパにおいて最大の市場の一つであり、毎日8万〜10万人がここを訪れます。ショッピ ングに人気の場所で、地方の農畜産物、また外国産のフルーツや工業製品などを販売しています。

新鮮な魚、肉、野菜やその加工品、フルーツやベリー、ミルクやチーズ、エコ食品、カントリーブレッド、ハチミツなど、様々なものが販売されています。またその場で試食することもできます。

またここでは地元の職人の手工芸品を買うこともできます。手編みのソックス、スカーフ、帽子などの実用的なものやお土産などが販売されています。 また、値段交渉も可能です。しかし、様々な人がここを訪れていますので、詐欺やスリには十分注意してください。

1998年、リガ中央市場はユネスコの世界遺産リストに含まれました。建築学の観点からすると、この市場はパビリオンであるだけでなく、古い倉庫であるこ とが興味深いところです。Spikeriと呼ばれるこの古い倉庫群は、この市場内と一部は隣接したところにあります。現在は芸術などクリエイティブ関係の スペースとして利用されています。

 
56.943745, 24.115376
Working Hours: 

The open territory of the market and Meat, Dairy and Vegetable Pavilions are open daily 7:00- 18:00 (Sunday, Monday 7:00 - 17:00)

Some pavilions are closed on every first or last Monday of the month for sanitary purposes.

Last updated: 21.02.2014