A+
Beta
  • 「ユールマラ」の海岸
「ユールマラ」の海岸

お勧め観光スポット・観光素材

心地よい気候のもと、手付かずの美しい自然や広大なビーチでアクティブに活動したり、また文化や歴史、素晴らしい建築物にふれ、大都市でのナイトライフを 楽しんだり、一方では気ままな散策やグリーンツーリズムなどを体験することができます。ラトビアではあらゆる趣味や興味を満たすことができ、その思い出は 心に残ることでしょう。

  • 海辺の旅行者
  • 「リガ旧市街」の建築モニュメント
  • Photo: Kristina Stalnionyte
  • ラトビアの民俗舞踊の踊り子たち
  • 凧揚げとカイト・サーフィン
  • Photo: Ventspils TIC
  • 浜辺の漁船
  • 川辺で一休み
  • 野いちご
  • 伝統的なラトビアの黒パン
  • ラトビアにはたくさんの川があります。セーリングも人気があります。
  • 「エングレ埠頭」
  • Photo: U.Grantiņš
  • 「ルンダーレ宮殿」
  • Photo: Rundāles pils arhīvs
  • フクロウのこども

ラトビアと言えば、首都のリガや歴史情緒あふれるリガ旧市街が真っ先に思い浮かびます。そこにはアールヌーボー様式の建築物、ドーム大聖堂や聖ペトロ教 会、パールダウガヴァの木造建築があり、また東ヨーロッパ最大の中央市場、高級レストランや居心地の良いパブ、また博物館やギャラリーなど豊かな文化をお 楽しみいただけます。

その一方でラトビアの小さな町々を訪れてみてはいかがでしょうか。クルディーガには細い通りや古い家が多く、ヴェンタ川にかかるレンガの橋やヨーロッパで 最も幅の広い滝があります。ツェースィスには中世の城があり、ヴィゼメのスイスと呼ばれるスィグルダはガウヤ渓谷やトゥライダ城が有名で、また7つの丘の 町であるタルシなど、この他にも郊外には個性的な小さな町がたくさんあります。ちょっと足を延ばしてラトビアの手付かずの自然を楽しんではいかがでしょう か。

ラトビアには500kmも続く砂浜、手付かずの森林、川や湖があり、のんびりと過ごしたり、また活動的に楽しんだりすることができます。例えばコルカやガ ウヤ国立公園を散策したり、またサビレ近くのアバヴァ川流域を訪れてみてはいかがでしょうか。ラトガレの魅力を満喫したい方には、ダウガヴァロキと呼ばれ る地域を流れる広大なダウガヴァ川沿いを周遊されることをお薦めします。また、ラーズナ国立公園を訪れてみても楽しいでしょう。

ラトビアはバードウォッチャーや自然愛好家にとって、人気のデスティネーションです。ラトビアでは多種の植物や動物を見たり学んだりすることができ、テイ チ保護地やチェメリモールランドなどの遊歩道では、湿地帯における生態系の素晴らしさに気づくことでしょう。

ラトビアには文化的かつ歴史的な遺産がたくさんあり、様々なアクティビティをお楽しみいただけます。最も人気のある夏至祭、ヤーニを祝ったり、野外美術館 で自ら伝統ジュエリーを作ったり、また農場でライ麦パンを焼いたりと、古代の伝統文化を体験してみてはいかがでしょうか。

ラトビアには軍事的な遺産もたくさんあります。古戦場、塹壕や掩蔽壕、イルベネにある北ヨーロッパ最大の無線探知機、リガトネにあるソビエト政府の隠され た掩蔽壕、ダウガフピルスの森、リエパーヤの要塞など、多様で興味深いラトビアの歴史を目の当たりにすることができるでしょう。