A+
Beta

グリーンツーリズム

ラトビアは自らの持つ未開の自然を誇りにしていると言っても過言ではない。グリーンツーリズムでは、単純な森林の散策から、バードウォッチャー、ハンター、専門家を満足させるに足る様々なオプションが可能です。

  • 「エングレ自然公園」
  • 花とミツバチ
  • Photo: Lauku ceļotājs
  • 大きな樫の木

ラトビアの自然には誰でもがアクセスでき、自然は国の財産であります。この国では自由に川や湖、海や森などに行くことができます。また私有地を大切にし、 環境を保護しています。 ラトビアでは自然を愛する人々に、絶好の機会を提供し、自然とのふれあいや寛ぎのリクリエーションは、貴重な体験や思い出になり、かけがえのないものとな るでしょう。

ハイキングに行きたいとお思いであれば、ガウヤ国立公園をお薦めします。そこでは、砂岩の露出や洞窟を観察することができます。また、アマタ川の急 流の土手を散策したり、クルゼメの海岸部やラトガレの青い湖を訪れたり、感動を誘うハイキングコースが至る所にあります。 きのこ狩りやベリー摘みをするならば、ラトビアの森は最適で、自然の恵みに溢れています。野生動物を見たいのであれば、リガトネ自然公園か、または近くの 大自然の中に見ることができるでしょう。バードウォッチングをしてみたい場合は、パーペのエングレ湖やその他多くの場所にバードウォッチャーのための特別 な塔が整備されています。また、湿地帯のユニークな生態系を探索したい場合は、リガから約50km以内にあるケメリ湿原や自然遊歩道があるところではどこ でも探索が可能です。

これらは全てではなく、自然を楽しむ旅行者にとって膨大な可能性のうちのほんの僅かに過ぎません。ラトビアではあらゆることが可能です。あなたが必要とす る情報は詳しく調べることができます。ラトビアの森でのリクリエーションは「Mammadaba(ママの自然)」と呼ばれており、無駄なことはひとつもあ りません。もちろん自然でのレクリエーションは、知識を備えたガイドのサービス、適切な装備や衣服を持ってこそ、十分に楽しむことができることを忘れない でください。サービスについては、mammadaba.lvのサイトでもご確認いただけます。