A+
Beta
  • 「ユールマラ」の海岸
「ユールマラ」の海岸

トップ 10

このセクションではラトビア旅行のデスティネーション、トップ10をご紹介いたします。ラトビアならではの自然、大都市の豊か、また小さな町の親しみやすさや魅力を感じられるでしょう。これらのデスティネーションはラトビアを知るのに良い出発点となることでしょう。

  • リガ旧市街は歴史的また地理的にリガの中心にあり、ダウガヴァ川の右側に位置します。旧市街は13世紀から18世紀に繁栄した堀に囲まれた比較的狭い地域で、中世の建物が数多くあり、驚くべきことに第二次世界大戦にあっても壊されずに残っています。
  • アグロナ大聖堂は後期バロック様式の建築物で、60メートルの高さの2つの塔があります。 毎年8月15日には、マリアの被昇天のお祝いに巡礼者がアグロナに集まってきます。世界中で最も神聖な場所の一つとして知られ、円天井、アーチや柱は豪華 なロココ様式で装飾されています。
  • ルンダーレ宮殿はラトビアで最も素晴らしいバロック-ロココ様式の記念建造物の一つです。1736−40年にビロン公の夏の宮殿として、ロシアの宮殿を手 掛けたラストゥレリにより建てられました。彼の作品はヤルガヴァやサンクト・ペテルブルグでもご覧いただけます。...
  • ユールマラは、独特な自然に溢れていて、癒し効果のある温泉や泥炭、松林があり、体に優しい海洋性気候で、砂丘や32.8kmにも及ぶビーチがあります。
  • クルディーガはいつも詩人や画家に称賛されるクルゼメにあり、小さいながらも魅力的な町です。クルディーガ中心部は17-18世紀に発展し、未だ狭い通りには当時の木造建築が保存されています。
  • トゥライダ博物館保護区は42ヘクタールの広さがあり、考古学的、建築学的、歴史的、また芸術的に素晴らしい遺跡です。また9世紀以降、様々なイベントの 場となっています。トゥライダ博物館保護区でのイベントは、ビジターを重視した活動もおこなっていますが、多角的で、その展示会や活動は文化的環境の保 護、...
  • 絵のように美しいガウヤ古代渓谷は、何世紀もの間、世界中の旅行者を魅了してきました。ラトビアでもっとも人気のあるデスティネーションであることは間違 いありません。ここを訪れた最初のビジターは19世紀にスィグルダをハイキングしていた人で、洞窟の砂岩の壁に彫刻が残っています。
  • ヴェンツピルスはラトビアで人気のある観光の中心地で、「青い旗」(安全性と優れた設備のある証の旗)のあるビーチやヴェントピルスアクア公園などがあり、気軽に寛げる町であります。
  • ツェースィスはヴィゼメの中心に位置し、ラトビアで最も美しい街の一つです。中世の城跡や公園はツェースィスのシンボルであり、ロマンチックな雰囲気を醸 し出しています。ツェースィス旧市街の石畳の道は中世から変わらず、赤いタイル屋根の古い建物、中庭もそのまま残っていますし、建物の外観も元の状態に修...
  • リエパーヤはバルト海東岸の古い町で、バルト海とリエパーヤ湖の間に位置し、750年以上前から人々が住んでいます。リエパーヤは音楽と文化の町です。北 の迷宮のような要塞を松明の明かりを頼りにそぞろ歩くと、軍港や昔の刑務所などエキゾチックな体験ができるでしょう。また町の中心ではアールヌーボー建築 を...