A+
Beta
  • 「ユールマラ」の海岸
「ユールマラ」の海岸

ラトビア北部(ヴィゼメ)

ラトビアの北側にはエストニアがあり、ラトビアはさながらパッチワークの中心に位置しています。この地域では伝説、城、町、川など、重要な要素を目の当た りにするでしょう。ラトビア人のアイデンティティの中心であり、現代国家としてのラトビアを形成する源であります。真のラトビア精神を形成する土壌を残す ことで、教養のある人や美的感覚の鋭い人が有形・無形の遺産を作り上げてきました。

  • 「ツェースィス城址」
  • 「ズヴァールテ岩」
  • 「アルークスネとグルベネを結ぶ電車」
  • 「サラツァ川」でボートに乗る

ここの景色は緩やかに起伏している丘陵や劇的に変化する天候などで構成されています。ラトビアの偉大なプルビティス(Purvitis)は、夏ではなく、春の初めの雪解けを描いています。

  • トゥライダ博物館保護区は42ヘクタールの広さがあり、考古学的、建築学的、歴史的、また芸術的に素晴らしい遺跡です。また9世紀以降、様々なイベントの 場となっています。トゥライダ博物館保護区でのイベントは、ビジターを重視した活動もおこなっていますが、多角的で、その展示会や活動は文化的環境の保 護、...
  • ツェースィスはヴィゼメの中心に位置し、ラトビアで最も美しい街の一つです。中世の城跡や公園はツェースィスのシンボルであり、ロマンチックな雰囲気を醸 し出しています。ツェースィス旧市街の石畳の道は中世から変わらず、赤いタイル屋根の古い建物、中庭もそのまま残っていますし、建物の外観も元の状態に修...
  • 絵のように美しいガウヤ古代渓谷は、何世紀もの間、世界中の旅行者を魅了してきました。ラトビアでもっとも人気のあるデスティネーションであることは間違 いありません。ここを訪れた最初のビジターは19世紀にスィグルダをハイキングしていた人で、洞窟の砂岩の壁に彫刻が残っています。
  • ユールマラは、独特な自然に溢れていて、癒し効果のある温泉や泥炭、松林があり、体に優しい海洋性気候で、砂丘や32.8kmにも及ぶビーチがあります。