A+
Beta

ラトビア南部(ゼムガレ)

ラトビアの南側にはリトアニアがありますが、そこに到着する前にゼムガレの肥沃な地域を旅行してみましょう。平和で満足そうな面持ちの人々が住み、この肥 えた地域は数世紀にわたり、ラトビアの穀倉地帯になっていました。また、フランスのロイヤルファミリーは、ナポレオン軍の危害の及ばない、ロシアにすぐに 移動することができるこの地域を、革命後の安全な非難場所としました。

  • 「メゾトネ」近郊の「リエルペ川」
  • 「メゾトネ宮殿」
  • 「コクネセ城址」
  • Photo: Artūrs Jasinskis
  • 「ルンダーレ宮殿」
  • Photo: Rundale palace archive
  • 「リッベ風車」
  • 「コクネセ教会」
  • 「テールヴェテ古代歴史博物館」

そこにはワクワクするようなものは何もありませんが、僅かな期待をすると、強い衝撃を受けます!この地域の中央、ルンダーレには、サンクト・ペテルブルグに次ぐ大きさのルンダーレ宮殿があります。

優れた職人技の結晶であるモニュメントに勝るものはないが、セミガリア人は自然環境に注目し、物語や象徴、遊びの要素を地元の森に植えつけました。ラトビアの他の地域同様、神秘に近い場所といえるでしょう。