A+
Beta
  • 「ユールマラ」の海岸
「ユールマラ」の海岸

ラトビア東部(ラトガレ)

ラトビアの東側にはロシアがあり、国境はたくさんの穴のあいた膜のようなもので、人や文化、様々な影響が途切れることなく流れ込んでいます。このことはラ トガル人が訪問者を素早く見つける訓練となりましたし、彼らの言語は自らのアイデンティティーを強く認識させました。またポーランドやリトアニアのカト リック教会特有の情動性に強い影響を受けていることと相まって、ヴィテブスク地域の芸術的を活性化しました。ロスコ、シャガール、カンディンスキーなどが 生まれ、さしずめ異なる個性のカクテルのようです。

  • ラトビア東部(ラトガレ)
  • 「クラスラヴァ」近郊の「エゼゼルス湖」
  • 「ラトガレ」の農場
  • Photo: Artis Domburs
  • 「ヴェルネゼルス湖」
  • 「ダウガフピルス」の泉
  • 「ラトガレス・マーラ」のモニュメント
  • Photo: Rezekne TIC
  • 「ダウガヴァ川」

マナーハウスで目にする華美な燭台をつくる金銀も無く、才能あふれる革新者が大量にあった粘土からバロック空間を作り上げました。ラトビアの穏やかで人里 離れた湖の地にこれらの人々は生き、彼らにとって必要最小限の魚や思考のための静寂、便利なキャビンやゲストハウスだけで十分でした。