A+
Beta

リガの週末

リガはバルト海沿岸にある大きな都市のひとつで、地理的だけではなく文化的にも重要な交差点です。東からの訪れた人も西から訪れた人も、自分にぴったりの レクリエーションやエンターテイメントを見つけることができ、一様に感銘を受けます。リガが2014年のヨーロッパ文化都市に指定されたことは当然と言え るでしょう。

  • 旧市街
  • Photo: Vita Balckare
Vecrīga
  • Vecrīga
  • Photo: Ikars Kublins
Dzelzceļa tilts
  • Dzelzceļa tilts
  • Photo: Live Riga
Melngalvju nams
  • Melngalvju nams

豊富な文化的な生活

リガはヨーロッパの活気に満ちた主要都市で、豊かな文化を持ちあわせており、リガや近郊のユールマラでは、ほぼ毎週末、様々なコンサートやフェスティバル などが開催されています。音楽に造詣の深い方は、夏期にラトビア国立オペラ座で催されるオペラ・ミュージックフェスティバルに酔いしれ、またある方は教会 での宗教音楽に耳を傾けることでしょう。リガ大聖堂のオルガンコンサートは聴く価値のあるものです。世界最古で最大のオルガンの音色は、人々の心に響きま す。またリガの旧市街にはナイトクラブがあり、そこでは様々なスタイルの音楽やエンターテイメントを楽しむことができます。

観光スポット

様々な宗派の荘厳な教会、中央市場のドームや文化の中心スピケリなどは訪れてみる価値があります。パールダウガヴァは興味深く散策できる場所で、そ こにある木造建築物にふれることで、数百年の古い歴史や当時の小さな町の雰囲気を感じることができるでしょう。また、今では殆ど見られなくなった軍事用の 砦がボルデラーヤにあり、海からの攻撃に備えるため利用されていました。また、リガには素晴らしいユニークな水の塔もあります。

ビーチ

リガが水に面した都市であることを忘れないでください。片側には海、また反対側には幾つもの湖、そしてダウガヴァ川が都市の中央を流れています。この地の利を活かして、ダウガヴァ川とリガ運河の木造船クルーズを楽しむことができます。

他の主要観光都市に比べると、リガは質の高いサービスを適正な価格で提供しています。また観光やサービス産業に携わる人々は、英語、ロシア語、ドイツ語などの外国語を話すことができ、これらの言語の旅行情報を得ることが可能です。