A+
Beta

列車で

ラトビアへの旅行に、便利でまた比較的に料金も安い列車を利用することができます。また、リーガからロシアの都市、モスクワやセイント・ペテルブルグ、プスコフおよびエストニアの国境の町ヴァルガへ行くこともできます。

列車はリーガ中央駅からモスクワやセイント・ペテルブルグに定期的に運行しています。モスクワまでの所要時間は17時間、またセイント・ペテルブルグまでは13時間です。

この旅行方法は快適で車内泊となります。しかしながら、ラトビア国境を越えるルートであることを考慮する必要があります。全乗客は国境で管理検査の対象となり、そこでパスポートや入国許可のビザの準備が必要となります。さらに、税関規定を知っておくことも必要です。

リーガ中央駅は正に市の中心部にあります。公共交通機関も発着し、タクシー乗り場もステーションスクエアにあります。また、旅行案内所も駅構内にあります。 ダウガフピルス駅はもう一つの鉄道のハブ駅であり、そこからセイント・ペテルブルグやヴィリニュスへ旅行することができます。

列車の時刻表および料金についての案内はインターネット上で検索ができます。 www.ldz.lv