A+
Beta

安全なご旅行のために

他の諸外国に比べるとラトビアは安全な国で、強盗や武力衝突もありません。心配も危険も感じることなくゆったりとお寛ぎいただけます。安全に関して基本的なことをお守りいただければ、ラトビア旅行は安全で心配はありません。

団体で人々が訪れるような人気の観光地は、ラトビアに比べると、時に危険なことがあります。ラトビアでは旅行者の安全性と快適性に配慮しており、首都リガ では旅行憲章に基づき、旅行者専用の電話サービス、旅行者ホットライン:1188が提供されています。非常事態の場合はフリーダイヤル112をご利用くだ さい。この番号は救急医療サービス、警察、消防署などに連絡をしたい場合にご利用いただけます。

もちろん他の国と同様にラトビアでも、けんかやトラブルから身を守るため、基本的な安全に関して気をつけなければなりません。荷物を放置しないでく ださい。また混雑しているところは注意が必要です。リガバスターミナルの地下道やリガ駅などでは、スリが狙っていることがあります。また誰かが後をつけて きていないか注意してください。現金、クレジットカード、カメラは常に身につけ、簡単にとられないようにしてください。貴重品はホテルの金庫に預けるのを お薦めします。車の中に貴重品を置いたままにしないでください。また自転車の場合、必ず鉤をかけてください。ATMをご利用の際は、路上ではなく、ホテル か銀行内でご利用ください。

できればお二人でのご旅行をお薦めいたします。レストラン、パブ、その他の場所に荷物を放置しないでください。どの国でも同じですが、飲みかけのグラスを置きっぱなしにしないでください、した場合は、新しいのを頼むのがベストで

占い師などは無視してください、詐欺にもご注意です。酔っ払い、乱暴そうな通行人にはかかわらないようにしましょう。パブで詐欺や誤解があった場合 は、メニューをお願いして価格を確認してください。カフェで見知らぬ女性が声をかけてきた場合は、断られたほうがよいでしょう。彼女らは高価なカクテルな どを注文し、店と共謀している可能性があります。.

巡視カメラがリガの旧市街にあり、かなり安全です。そのカメラにより犯罪を確認したり、警察が迅速に現場に向かえるようになっています。ナイトライ フを安全に楽しむため、節度は守ってください。カードで支払いをする場合は、手元から離さず、請求額をきちんと確認してください。

基本的にラトビアは安全です。異なる人種や地域の人々に敵対的な態度をとることはありませんし、他の国に比べるとホームレスや物乞いは少ないほうです。