A+
Beta

旅行のアイデア

ラトビア周遊。ラトビアを訪れたなら、まず素晴らしいラトビアの首都リガと歴史的趣のあるリガ旧市街を楽しみ、さらに博物館、美術館、オペラや劇場で豊か な文化にふれた後、ラトビアの他の町に足を運んでみてはいかがでしょうか。ラトビアには、緑濃き手付かずの自然、豊かな歴史的、文化的遺産があり、興味深 い郊外の町々、軍事的遺産、その他見所がたくさんあります。

  • 「エングレ埠頭」に停泊するボート
  • サイクリングを楽しむ人々
  • リエル川
  • 「ユールカネ」の険しい海岸
  • 「クルディーガ」近郊の「ヴェンタ川」
  • 海辺の「リーゴ祭」
  • 「エングレ自然公園」内の野生の馬
  • ボート

ラトビアはリガだけではありません。ラトビアは文化的歴史的に4つの地域に分けられ、それぞれ独特な雰囲気や魅力を持っています。4つの地域とは、ゼムガレヴィゼメクルゼメラトガレと呼ばれており、リガから日帰り旅行で、ラトビアの多様性とコントラストを体験できるでしょう。

例えば、ラトガレは、多くの湖や丘のある壮大な自然や独自の文化的・歴史的遺産があるだけでなく、美しい教会なども多く、宗教的遺産を巡ることが好きな方には興味深い地域です。

ラトガレにある印象的なカトリック教会(アグロナ大聖堂:ラトビアのカトリック信仰の中心で、世界的な聖地の一つ)と小さな木造のバシリカ聖堂(インドゥリカカトリック教会)は有名です。

ヴィゼメの豊かな自然、文化的・歴史的に優れたガウヤ国立公園やトゥライダ城の博物館は、世界中の多くの旅行者を惹きつけてやみません。ヴィゼメにある ツェースィスやヴァルミエラは、是非とも訪れる価値があります。またテイチ自然保護区は独特な自然環境で、かつバルト地域最大の沼地なので、ここも訪れて みる価値があるでしょう。

クルゼメには手付かずの自然(ケープ‐コルカやスリーテレ国立公園)、広大な軍事的遺産(イルベネ・ロケーター:北ヨーロッパ最大の電波探知機)、 またリエパーヤとヴェンツピルスなどの海辺の町があり、旅行者を魅了しています。家族旅行では広大なビーチ、新鮮な魚、マリンアクティビティなどが人気で す。クルディーガの旧市街には、ヴェンタ川に架かる古いレンガの橋やヨーロッパで最も幅の広い滝であるヴェンタの滝、さらには古い建物や狭い路地がたくさ んあり、様々なことが体験できるエキサイティングな町です。

ゼムガレには豪華な宮殿や遺産が豊富にあり、建築やアートの愛好家にお薦めの場所です。ルンダーレ宮殿は、バルト諸国でも特に有名で、バロック様式とロココ調の装飾のすばらしい建築物であり、有名な建築家ラストゥレリによって建てられました。

リガから車で20分ほどで、バルト海の有名なリゾート地、ユールマラに着きます。そこには広大なビーチ、素晴らしいレストラン、ホテル、スパ・センター、 コンサートホールやリクリエーションセンターがあります。自然を好む方には、ケメリ国立公園やケメリ湿原地などをお薦めいたします。