A+
Beta
  • 「ユールマラ」の海岸
「ユールマラ」の海岸

歴史と文化

ラトビアの歴史や文化は、豊かな文化的、歴史的遺産そのものであります。多文化の融合により、ラトビアの歴史や文化はその多様性を際立たせ、同時に特異性や独自性も育んできました。

  • 上空からのリガ
  • ラトビア人女性の民族衣装
  • 「スターメリエネ城」
  • 「アーライシ湖城」

想像してみて下さい。他とは異なる教会や古代異教の神聖なるものを、このような狭い地域で数多く見ることができ、また、古代の伝統に触れ、かつ現代を目の 当たりに出来るところは何処にあるでしょうか。中世の建物と20世紀初頭のユニークなアールヌーボー建築を同時に楽しめるところは、何処にあるでしょう か。 ラトビアの斬新かつ多文化の環境が、これらを可能にしています。

なぜラトビアの文化はこんなにもユニークなのでしょうか。それはラトビアが地理的に恵まれた位置にあるからです。この千年間、ラトビアはヨーロッパ や世界各国のほぼ全ての伝統や経験を受け入れ、同時にラトビア固有の特性を保持してきました。例えば、殆どすべての家庭や農場で受け継がれている異教文化 である夏至祭、リーゴでは、人々は丘でかがり火を焚き、一年で一番短い夜に、夜が明けるまで歌いパーティーを続けます。またイースターやクリスマスなどの お祝いは、クリスチャンとしてまた異教の祝日として2回行われます。ラトビアは、ドイツやスラブの文化を大切にすると同時に、キリスト教やヘブライ文化の 素晴らしさを認めています。

ラトビアで異なる宗派の教会を数多く見ることができるのは、多種多様の文化とそれらの平和的共存の証です。カトリック(リガ大聖堂、アグロナ聖 堂)、ルター派(リガ:聖ペテロ教会)、ギリシャ正教(R?ga Christ's Birth Orthodox Cathedral)、古儀式派の教会(R?ga Greben??ikova Old-Believer Church)などがあります。

これらはラトビアの歴史、文化、イベントのほんの一部です。このセクションでは豊かな歴史的・文化的遺産をもっと深く知ることができます。古代民族の伝 統、また古い城や歴史的遺産に興味を持っている方、芸術や博物館に興味のある方、歌と踊りの祭典に参加したい方など、ラトビアは全ての方にふさわしい場所 です。