X
Latvia.travel mobile app. Your official guide for travelling in Latvia.
ダウンロード

現在地

文化

ラトビアの文化は西洋と東洋の中間に位置します。これまで様々な国からの支配を経験してきた激動の歴史を持つラトビアは、外国からの異文化の影響を大きく受けたてきたのは明らかです。

ラトビア人は現在も先祖の伝統を守り続けています。ラトビアの伝統文化を体験するのに最良なのは「ヤーニ(Jāņi)」と呼ばれる夏至祭と無形文化遺産である「歌と舞踊の祭典」でしょう。また、伝統工芸やハンドクラフトを通じて、または伝承団や博物館のイベント等のアクティビティでもラトビアの文化が体験できます。

ラトビアは音楽に溢れています。音楽や舞台芸術がお好みの方は、リガやスィグルダで開催する代表的なオペラ・フェスティバルや、ラトビア全土で開かれる数々のコンサートやフェスティバルも楽しめることでしょう。

Latvijas Nacionālā opera
Learn more

ラトビア国立オペラ座

観客席を含め内装が非常に豪華で芸術的価値の高い建物です。観客席は1240席、立見席が150あります。団体鑑賞については電話またはメールで申込できます。電話:+371 67073820、メール:[email protected]い .
Dūraiņi
Learn more

民間伝承

ラトビアには、他にはない民話や民間伝承がたくさんあります。現代のラトビアの生活でも重要な一部となっているユニークな伝統として、夏至の休日「ヤーニュ」、別名「リーゴ!」があります。これは歌と踊りのお祭りで、民謡(ダイナス)、神話、伝統的な衣装、そしてフォークダンスの宝庫です。
Keramiķe Laima Grigone
Learn more

参加するチャンス!

ラトビアでは観光以外にも伝統工芸体験のように、多文化が入り混じるその魅力を存分に味わうことができます。鍛冶屋がどのようにベルトの留め具を作っていたかを見学したり、夏至祭の日にはどんな歌を歌うのかを習ったり、中世の騎士の気持ちに思いを馳せたり、パンを焼いたり民俗舞踊で腕試ししたり...
最終更新: 
24.03.2017