A+
Beta

リガ旧市街

リガ旧市街は歴史的また地理的にリガの中心にあり、ダウガヴァ川の右側に位置します。旧市街は13世紀から18世紀に繁栄した堀に囲まれた比較的狭い地域で、中世の建物が数多くあり、驚くべきことに第二次世界大戦にあっても壊されずに残っています。

  • リガ旧市街
  • Photo: Vita Balckare
  • Panorama of Riga
  • Photo: Vita Balckare
  • House of the Blackheads
  • Photo: Romvalds Salcevičs
  • Dome Square
  • Photo: Vita Balckare
  • Jēkaba street
  • Photo: Vita Balckare
  • Presidential Palace
  • Photo: Vita Balckare

ここでは居住空間と宗教的な建物が混在している狭い通りに古い町の佇まいを感じることができます。13世紀に建築が始まったリガ大聖堂、ゴシック様式の聖 ペテロ教会、ローマカトリック教会の聖ヤコブ教会、白い石の宮殿と呼ばれる聖ゲオルギ教会、美しいユダヤ教の礼拝堂、ダンネンステン・ハウスと呼ばれる住 居、女子修道院、三人兄弟と呼ばれている住宅、リガ城などが代表的建物です

中世の時代には、リガは港湾都市で、ハンザ同盟のメンバーであり、バルト海地域や北ドイツと貿易をおこなっていました。再建されたブラックヘッドの会館と同様、大小のギルドがハンザ同盟で栄えた時代を彷彿とさせます。

これらの建築物は職人や芸術家のギルドによって建てられました。リガ旧市街は古き良き時代の雰囲気をとどめ、かつ21世紀の旅行客のニーズに適応している最高傑作です。リガ旧市街は昼夜を問わず賑わっています。

リガのバーチャルツアーrをお楽しみください。

 
56.947346, 24.107147
Last updated: 08.10.2012