現在地

ラトビアに行く方法

西からも東からもアクセスが良い国、ラトビア。中央ヨーロッパ諸国やロシアの首都モスクワからは飛行機で約一時間の距離です。ラトビアはバルト海フェリーでも簡単に行くことができます。

ラトビアはヨーロッパの中心部やロシアに近く、モスクワへは空路でたった1時間です。また、隣国やサンクトペテルブルクやその他のロシアの都市およびCIS(独立国家共同体)の国々への便利な鉄道コネクションもあります。

ラトビアの首都が国のほぼ中央に位置しているため、首都リガからどの地方へも簡単に行くことができます。

リガ周辺の近隣地域に行く時は、鉄道が便利です。リガから離れた地域への移動は長距離バスの利用をお勧めします。

平均して、ラトビア国内の公共交通運賃は欧州連合のどこよりも安いです。

飛行機で

ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカなど85以上の都市からリガへの直行便があります。ラトビアの国営航空会社airBaltic(www.airbaltic.com)は、ヨーロッパとCIS諸国のすべての主要空港への簡単で便利なアクセスを提供しています。

リガ国際空港(www.riga-airport.com)は、リガ市内中心部から南西にわずか10kmの場所にあり、空港からリガ中心部までのタクシーの所要時間は10〜20分で、料金は約15ユーロです。

バス22番は空港と市内中心部の間を往復し、旧市街近くのバスターミナルビルの向かいから10〜20分ごとに出発します。料金は、2.00ユーロ(バスでの購入)です。

空港情報:電話(00 371)29311817  すべての輸送スケジュールに関する英語の情報については、1188(ラトビア内の場合)または(00 371)6700 1188(ラトビア外から)に電話してください。

フェリーで

リガ〜ストックホルム間を利用できます。Tallink(www.tallink.com)は、ストックホルムからリガへのフェリー接続を1日おきに運航しています。フェリーターミナルビルは、旧市街から徒歩圏内のEksporta iela1にあります。

ステナラインは、リエパーヤ旅客港とドイツの都市トラフェミュンデ間の定期フェリーを運航しています。旅は27時間かかります。

電車で

リガへの列車の接続は、ラトビア国鉄会社LatvijasDzelzceļš(www.ldz.lv)が運営するモスクワ(毎日)、サンクトペテルブルク(毎日)、およびプスコフ(毎日)から利用できます。エストニアへも毎日運行しており、ワルミエラ、ツェースィス、リガトネ、スィグルダなどにも停車します。ラトビアとエストニアの両方がシェンゲン圏にあるため、国境管理はありません。

バスで

Lux Express(www.luxexpress.eu)はバルティックで最大の旅客輸送会社であり、タリン、タルトゥ、パルヌ、ビリニュス、ワルシャワ、サンクトペテルブルク、モスクワ、ミンスクなどの都市から毎日数回出発します。すべてのLuxExpressバスは快適で調節可能な座席、各座席に個別のマルチメディアタッチスクリーン、無料のWI-FIおよびコーヒー/ティーメーカーを備えています。Lux Express のラウンジバスでは、ビジネスクラスの座席もご利用いただけます。早割席のチケットは5ユーロからオンラインで購入できます。Lux Expressは、リガ中央バスターミナル(旧市街からわずか5分)でクライアントサービスオフィスも運営しており、毎日午前6時40分から午後8時まで営業しています。

車で

ラトビアの主な高速道路は、リガとタリン、サンクトペテルブルク、モスクワ、カウナス、ビリニュスを結んでいます。制限速度は、特に明記されていない限り都市部では50km/h、地方道路では90km/hです。一部の高速道路では、制限速度は100km/hです。ヘッドライトは常にオンにする必要があります。

ラトビアは、エストニア、リトアニア、ロシア、ベラルーシと国境を接しています。スウェーデンとドイツから車で旅行する人は、フェリーに車を乗せることができるので長いロードトリップを回避できます。リトアニアとエストニアからラトビアに入ると、ラトビアと同様に、これらのバルト諸国はシェンゲン協定を遵守しているため、国境管理はありません。ただし、ロシアとベラルーシからラトビアに入るときは、国境管理を通過する必要があります。また、ラトビアの道路交通のルールは様々あるので注意してください。都市の道路はアスファルトまたは石畳ですが、田舎では未舗装の道路が一般的なので、必要に応じて速度を落として運転してください。

最終更新: 
15.03.2021