現在地

トゥライダ博物館保護区

トゥライダ博物館保護区は43.63ヘクタールの広さがあり、考古学的、建築学的、芸術的に素晴らしい遺跡が豊富に残っています。ここでは11世紀から始まる1000年の歴史的出来事に関する情報をビジターに提供しています。トゥライダ博物館保護区では文化的なイベントなども定期的に行っています。

トゥライダ博物館保護区はリガから50キロのところにあり、美しい環境とその歴史で知られています。「トゥライダ」という名前は、古代住民リボニア人の言 葉で「神の庭」を意味します。博物館は、1996年、ヨーロッパ・ミュージーアム・オブ・ザ・イヤーの一つに選ばれました。秋の夕方、熱気球やガウヤ渓谷 の反対側から眺めると、トゥライダ城が赤レンガで造られた堂々とした船のように、緑の群葉にそそり立つのがご覧いただけます。城壁にそって散策すると、中 世の城について親しみを感じられるでしょう。

博物館にはラトビアの民謡に打ち込んだ、最も優れた民謡収集家バロンズの栄誉をたたえて作られた「ダイナスの丘(彫刻の庭)」があります。トゥライ ダ教会はラトビアで最も古い木造建築の教会のひとつで、1750年に建てられました。考古学調査では少なくとも2つの教会が含まれていると論証されていま す。

保護区には200メートルから1キロほどの、いくつかの自然遊歩道があります。遊歩道では、珍しい植物や小さな小川を見つけたり、砂岩の露出、城の要塞や塔を調べてみたりと、新しい、いつもと違うアングルからお楽しみいただけるでしょう。

Sigulda 地区, Turaidas iela 10, Sigulda, LV-2150
+371 67972376
Tourism Object Services: 
カフェ
子供のためのアクティビティー
ワークショップ
土産物
ガイドもあります
Tourism Object Features: 
無線LAN接続のインターネット
座標:
57.182153, 24.850433


最終更新: 
24.09.2021