現在地

文化

ラトビアの文化は西洋と東洋の中間に位置します。これまで様々な国からの支配を経験してきた激動の歴史を持つラトビアは、外国からの異文化の影響を大きく受けたてきたのは明らかです。

ラトビア人は現在も先祖の伝統を守り続けています。ラトビアの伝統文化を体験するのに最良なのは「ヤーニ(Jāņi)」と呼ばれる夏至祭と無形文化遺産である「歌と舞踊の祭典」でしょう。また、伝統工芸やハンドクラフトを通じて、または伝承団や博物館のイベント等のアクティビティでもラトビアの文化が体験できます。

ラトビアは音楽に溢れています。音楽や舞台芸術がお好みの方は、リガやスィグルダで開催する代表的なオペラ・フェスティバルや、ラトビア全土で開かれる数々のコンサートやフェスティバルも楽しめることでしょう。

Latvijas Nacionālā opera
Learn more

ラトビア国立オペラ座

19世紀後半に建設された劇場。豪華な内装で、933席の大ホールと300席の新ホールがあります。年に200ほどの公園があり、毎年6月上旬にはオペラフェスティバルが開かれます。もちろん、バレエのレベルも高くて評判です。安いチケットは5€~あります。
Dūraiņi
Learn more

民間伝承

ラトビアには、他にはない民話や民間伝承がたくさんあります。現代のラトビアの生活でも重要な一部となっている伝統的な行事として、夏至祭の「ヤーニュ」、別名「リーゴ!」や、無形文化遺産の「歌と踊りの祭典」があります。これは5年に一度開かれる祭典で、民謡(ダイナス)、神話、伝統的な衣装...
Song and Dance Celebration
Learn more

ラトビアの歌と踊りの祭典

歌と踊りの祭典は5年ごとに開催され、一週間にわたって行われる大イベントです。ラトビアのカルチャーライフにおいて最も重要な祭典といえるでしょう。歌と踊りの祭典には、数百もの合唱団と舞踏団が参加し、数万もの観客を夢中にさます。この祭典は国際的にも大きな名誉を獲得しており、...
最終更新: 
16.08.2021